So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

観音崎から [ウォーキング]

2016年9月18日、

imgPose804a.jpg
今日は
美しい日本の歩きたくなるみち500選ガイドマップから
神奈川03「横須賀・海の手文化を訪ねるみち」
を歩いた

先々週に続いて横須賀歩き
天気が悪いので来週にずらそうかと
思ったが、来週も同様に天気が悪そうなので
「雨でもいいか」と決行

ビニール傘を持って
9:05 出発
Jordan20160918-01.jpg

浦賀駅前で11:56発の観音崎行きのバスに乗って
DSCN3649a.jpg

12:10 観音崎に到着

ちょうどいい時間なので
道の駅の食堂でお昼ご飯

地魚刺身定食 1280円
DSCN3651a.jpg
DSCN3652a.jpg

自販機で水を買って
12:40 ウォーキングスタート

観音崎園地
DSCN3654a.jpg

灯台への階段
DSCN3659a.jpg
階段と言うより段の有るスロープ

観音崎灯台
DSCN3660a.jpg

見学料は200円
img030a.jpg

資料展示室を覗いてから
灯台へ登る
螺旋階段をぐるぐる登っているうちに
何階上がったか分からなくなった

灯台の上の回廊に出るが
台風の影響か風が強い
帽子が飛ばされそう
DSCN3661a.jpg

一旦中に戻って帽子を
リュックにしまう
DSCN3664a.jpg

回廊を一周りしようと思ったが
回廊の幅が狭くてすれ違いにくいのと
DSCN3662a.jpg

風で身体が煽られるので、高所恐怖症でもないのに
少しビビってしまい、一周するのはやめた
DSCN3663a.jpg

窓の数から、回廊は5階くらいの高さかな
DSCN3666a.jpg

自前の手帳にスタンプを押してたら
img035a.jpg

受付の女性が
「集めてられるんですか?大きいの有りますよ」
と大きいのを出してくれた
img037a.jpg

おまけに使いこまれてすり減っているものも
img036a.jpg

スタンプを押して
灯台をあとにする


波はやや高め
DSCN3670a.jpg

DSCN3671a.jpg

13:30 展望園地
DSCN3673a.jpg
DSCN3674a.jpg

13:35 たたら浜園地
DSCN3675a.jpg

13:45 鴨居港(横須賀風物百選)
DSCN3677a.jpg

14:00 かもめ団地の防波堤から
DSCN3679a.jpg

かもめ団地・・・海の眺めはよさそうだけど
DSCN3681a.jpg
ベランダの排水管が錆びてる

14:20 東叶神社
DSCN3684a.jpg

勝海舟断食修行の井戸
DSCN3690a.jpg

勝海舟断食修行の跡
DSCN3693a.jpg

14:30 浦賀城址からの眺め
DSCN3695a.jpg

雨が降り出したので傘を差すが
すぐに小降りに

14:40 浦賀の渡し
DSCN3700a.jpg
渡し賃は200円
DSCN3701a.jpg
DSCN3702a.jpg

14:48 西叶神社
DSCN3703a.jpg

15:03 浦賀奉行所の跡地
DSCN3707a.jpg

15:20 燈明堂跡
DSCN3715a.jpg
DSCN3723a.jpg

15:30 長瀬隧道
DSCN3725a.jpg

15:50 久里浜
DSCN3727a.jpg

東京湾フェリーかなや丸が入港してくる
DSCN3728a.jpg

15:55 ペリー公園
DSCN3729a.jpg

ぺりー上陸記念碑
DSCN3731a.jpg

16:00 ペリー記念館に入る
img038a.jpg
DSCN3732a.jpg

黒船のジオラマ・・・青がきれい
DSCN3734a.jpg
img039a.jpg

16:30 京急久里浜駅
DSCN3736a.jpg

歩行距離は13.3km



Jordan20160918-02.jpg

横浜で17:20の和光市行き急行に乗れたので
早く着けるかなと思ったら
副都心線内は各停だって
結局渋谷で小手指行きに乗り換えることに
乗り換え回数が増えただけだった


19:25 自宅


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

横須賀さんぽ [ウォーキング]

2016年9月3日、

駅からウォーキング
「横須賀長浦港周辺の軍事遺跡を歩く」
を歩いた

9:00 出発

Jordan20160903-01.jpg

11:35 京急田浦駅からスタート
DSCN3616a.jpg

11:42 旧海軍工廠造兵部(東芝ライテック)
DSCN3617a.jpg

DSCN3618a.jpg

DSCN3619a.jpg


11:48 長浦港
DSCN3620a.jpg


船越トンネルを抜けて
DSCN3621a.jpg
振り返ると

11:55 左手に素掘りの旧道トンネル
DSCN3623a.jpg
DSCN3624a.jpg


海自第二術科学校の塀に沿って歩く
DSCN3625a.jpg


12:10 JR田浦駅
DSCN3627a.jpg
DSCN3629a.jpg


12:20 比与宇トンネル
DSCN3632a.jpg

ブロックで塞がれた横穴
DSCN3633a.jpg


ベイスターズの練習場
DSCN3635a.jpg


安針台公園への急な坂道
DSCN3636a.jpg
傾斜は15度くらい

坂の途中から見たJR横須賀線
DSCN3638a.jpg

12:35 安針台公園
DSCN3639a.jpg

本には展望台から横須賀本港が
眺められるとあったけど
柵の外にさらにフェンスがあって
草が絡まっていて
眺望はあまり良くない
DSCN3640a.jpg
DSCN3641a.jpg

公演を出て
南に少し下ったところの方が
よく見える
DSCN3644a.jpg


長浦小学校前の通り
DSCN3645a.jpg


12:50 安針塚駅へゴール
DSCN3648a.jpg


Jordan20160903-02.jpg


15:30 自宅

歩行距離は5km


今日はウォーキングというよりさんぽ

歩いてる時間より電車の時間が長い
横浜まで1本で行けるのは楽でいいが
1時間半も座っていると
お尻が痛くなってくる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

曲崎古墳群 [ウォーキング]

2016年8月17日、

計画していた普賢さん(矢上普賢岳)は14日に登ったし
昨日、22kmも歩いた後なので
今日は、家でゆっくり過ごすはずだったが

実家付近の地図を眺めていて
曲崎古墳群、というのが気になった
近いし散歩がてら行ってみるか
ということで行ってきた

散歩ということで
リュックは背中に汗かくので
ホロ布のトートバッグに
ペットボトルとタオルと財布と
デジカメ入れて

10:15 出発

この道はあまり通ったことがない
いつもここで右に下りていくが
まっすぐ行くことに
DSCN3557a.jpg

右手にお墓のある丘が見える
万城山と言うらしい
DSCN3558a.jpg

振り返ると普賢さん
DSCN3561a.jpg

役場の所から坂を下りて
旧国道に出ると
戸石神社の裏
DSCN3562a.jpg

そのまま行くと戸石バス停
浜喜屋の所を右に曲がって
毛屋方向へ

毛屋橋を渡って左折

10:35 牧戸橋の戸石側から
戸石漁港と戸石金毘羅山
DSCN3565a.jpg

池下方向(飯盛町いけしも)
DSCN3566a.jpg

島の前バス停の100m手前から見た池下
DSCN3569a.jpg

10:50 臼の浦バス停
DSCN3570a.jpg
バスはここで終点

津島が見える
DSCN3574a.jpg

11:00 宗津の浜と津島
DSCN3576a.jpg

曲崎まで来た
古墳群はどこだろう

11:15 曲崎の先端まで行ってみる
木の陰に看板が見えた
DSCN3579a.jpg
木道らしきものも見える
IMG_0609a.jpg

DSCN3580a.jpg

木道の真ん中辺に看板が
DSCN3581a.jpg
奥に石柱が立っている

DSCN3582a.jpg
曲崎全体が古墳群になっているらしい
島の一番奥だから墓にしたのかな

林の中が、地面がでこぼこしてるだけだから
古墳群と言われないと分からない

木道を進むと海岸に出た
右端に下の島と上の島が重なって見える
その延長線上に雲仙普賢岳がある
DSCN3583a.jpg

左は戸石港と矢上普賢岳
DSCN3584a.jpg

曲崎の付け根まで戻り
脇道に入ると
こっちにも古墳群の看板があり
そのまま行くと海岸に出られる
DSCN3587a.jpg

ここからだと雲仙が
かすかに見えるが
DSCN3588a.jpg

さすがに天草は見えない
DSCN3589a.jpg

ということで帰ることに
したが

せっかくなので寄り道して
宗津の浜まで下りて見る
DSCN3592a.jpg

護岸工事されている
DSCN3593a.jpg

現在11:50、今日の干潮は13時ごろ
ということで
寄り道のついでに
津島まで行ってみることにした

googleの航空写真で見ると
普通の石ころみたいに見えるが
1m近くの石やそれ以上の大きな石が連なっている
DSCN3595a.jpg

小さな石ころだと足元が
グラグラして不安定だが
大きな石だと動かないので
飛び石みたいに渡っていける

ただ高低差があると進めないので
ルートを見極めながら進まないといけない

12:04 3分の1くらい来たところで
日陰になっている場所があったので小休憩
DSCN3596a.jpg

12:15 あともう少し
この辺りは満潮になると水没する
DSCN3597a.jpg


12:25 やっと津島の先端まで来た
DSCN3598a.jpg

橘湾
DSCN3599a.jpg
DSCN3600a.jpg

12:28 津島を時計回りに1周しようと
西側に周るがさらに大きな石が・・・
というより岩場[がく~(落胆した顔)]
DSCN3601a.jpg

トートバッグ片手に
手袋無しではちょっと無理[ふらふら]
ということで来たコースを
引き返す

12:40 牧島神社の下から上がれないか
見だが上がる場所がない[もうやだ~(悲しい顔)]

13:15 結局、宗津の浜まで戻る

宗津の浜の上の道路に自販機
水を買って飲む

次の自販機まで約300m進む間に
550ml飲みほしたので
また買う

200m~300m間隔で自販機がある
田舎の島なのにすごい

13:25 ペーロン体験
DSCN3602a.jpg

DSCN3603a.jpg

DSCN3605a.jpg

13:55 牧戸橋の東側の岬にある石仏
DSCN3608a.jpg
DSCN3609a.jpg

14:18 戸石神社
DSCN3610a.jpg
ポケストップ

14:20 薬屋さん
右側半分で本屋をやっていたので
「小学○年生」とか買っていた
DSCN3611a.jpg

14:25 実家に到着
お昼には帰ってくるはずが
とんだ寄り道になってしまった(^_^;)

右足の親指が水泡ができかかっている
飛び石で負担がかかったかな・・・

歩行距離は約13km


トートバッグの持ち手が
汗で濡れてしまった
次はビニール製にしよう

曲崎古墳群1a.jpg

Vネックのアンダーウエアと
首に巻いたバンダナの間が日焼けして
ナイキのマークみたいな
痕ができてしまった
 
曲崎古墳群2b.jpg

水浴びして昼寝[眠い(睡眠)]

19:30 夕方の普賢さん
DSCN3613a.jpg
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

歴史の薫るみち [ウォーキング]

2016年8月16日、

九州自然歩道・長崎県ルート3
「歴史の薫るみち」を歩いた

実家からスタート地点まで
どうやって行こうかと調べたら
乗り換えなしで行ける
バスが一日1本だけあった
乗り換えると100円高くなるので
そのバスで行くことにした

バス停までは徒歩1分半だけど
6:52 早めに出発

DSCN3377a.jpg

7:03 1分遅れでバスが来た
ほかの乗客は誰も乗っていない

7:30 土師野尾バス停到着

DSCN3378a.jpg
この鳥居をそのまま行けば
ルートに乗れるが

バスで来た道を150m程戻る

目的はこの標示板、
DSCN3380a.jpg
ストリートビューでよく写ってなかった

標示板の位置から進行方向を見る
DSCN3381a.jpg

200m程進むと、バス停からの道と合流
DSCN3385a.jpg

左に進む
DSCN3384a.jpg

すぐに右への分岐がある
DSCN3386a.jpg
DSCN3387a.jpg

橋を渡って左へ
DSCN3388a.jpg

坂を上る
DSCN3389a.jpg

7:52 右へ行くと土師野尾ダム
DSCN3391a.jpg
DSCN3392a.jpg

DSCN3393a.jpg

小雨がパラついてきたので
折りたたみ傘を出して差す


8:08 ベンチらしきものが見えてきた
DSCN3395a.jpg
八天岳について説明書きが・・・
木の間から山が見える
DSCN3396a.jpg

DSCN3401a.jpg

これはどっちかな?
DSCN3402a.jpg

まっすぐ進むと

8:25 右側に丸太段の登り口が
「碁盤ノ辻 0.25KM」とある
DSCN3405a.jpg

丸太段を登っていく
DSCN3406a.jpg

DSCN3408a.jpg

8:32 ここが碁盤の辻、
そばに説明書きがあるが
昔は五方向に海が見えたらしい
今は全く眺望はない
DSCN3410a.jpg

左へ進む
DSCN3411a.jpg

100mくらい進んだら
石ころだらけ
DSCN3414a.jpg

DSCN3418a.jpg

比較的、新しい林道が
右奥から左奥へ横切っている
DSCN3423a.jpg

よく見ると、まっすぐ入る道があるので
そのまま直進
DSCN3424a.jpg

丸太を模したコンクリートの手すり
DSCN3428a.jpg

調子よく進んでいくと
突然道がなくなった?!
DSCN3429a.jpg

おかしいなと思って
200m程、引き返すが
やっぱりほかに分岐はないし
合ってるよね、とまた進む

よく見ると倒木の手前に
丸太段らしきものがある
DSCN3430a.jpg

なぁんだ、そのまま行けばいいのか
ということで倒木を
回り込んで直進

9:12 花ノ木トンネルの真上辺り
DSCN3431a.jpg

9:17 車道が見えてきた
DSCN3432a.jpg

ここは長崎市と諫早市の市境
DSCN3434a.jpg

100m程先に分岐が見える
DSCN3435a.jpg

近づいてみるとこんな感じ
DSCN3437a.jpg

分岐を進むと集落に出た
歩いていた地元の人に挨拶して
そのまま調子よく歩いて
いたらT字路まで来てしまい
DSCN3441a.jpg
左へ進むが
DSCN3442a.jpg
後で調べたら
さっき挨拶した人が居た辺りで
左に入る道があった

9:36 前方は大村湾かな
DSCN3446a.jpg

DSCN3450a.jpg

DSCN3457a.jpg
DSCN3459a.jpg

10:02 清水の祠
DSCN3460a.jpg

空になったペットボトルに
水を汲んで口に含んでみる
飲めそうかな・・・
DSCN3462a.jpg


長崎自動車道
DSCN3467a.jpg

DSCN3470a.jpg

10:24 井桶之尾観世音
DSCN3474a.jpg

10:30 心天の石鉢
DSCN3480a.jpg

DSCN3485a.jpg

11:00 旧本田家住宅
DSCN3487a.jpg
DSCN3490a.jpg
DSCN3494a.jpg

DSCN3497a.jpg

11:12 古賀の藤棚
DSCN3501a.jpg

福瑞寺の下の標示板
IMG_0603a.jpg

11:35 慶正庵橋の上から八郎川
DSCN3506a.jpg
ここから九州自然歩道・長崎県ルート4
「お花畑を歩くみち(お花畑を巡るみち)」に替わる

丘の上に古賀小学校が見える
DSCN3509a.jpg

11:52 役行者神社
DSCN3513a.jpg

予定したコースはまっすぐだったが
「長崎街道は左」の標識に従って左へ
DSCN3514a.jpg

工事中、歩行者は通れそうだが
迂回路へ、
DSCN3520a.jpg

そのまま八郎川に沿って進む
DSCN3521a.jpg

12:18 長龍寺橋の上から八郎川上流方向
DSCN3523a.jpg
赤い橋の下は現川川

長崎大水害碑・・・1982年だったかな
DSCN3524a.jpg

12:24 島原街道との交差点
DSCN3526a.jpg
DSCN3527a.jpg

矢上神社
DSCN3529a.jpg

12:30 矢上八幡神社の大クス
DSCN3531a.jpg

太い!!
DSCN3533a.jpg

12:40 今回の終点
DSCN3538a.jpg
ここから実家まで3,4km
自販機でコーラを買って
飲みながら歩く

12:57 八郎川の河口、矢上大橋
DSCN3540a.jpg

防波堤の壁面に船虫がうじゃうじゃ
DSCN3541ta.jpg
1kmくらいこんな状態が続く

カメラを構えてる位置も含めて
子供のころ歩いて来れる
唯一の砂浜だった
DSCN3543s.jpg
今は砂浜と言うには・・・
DSCN3544a.jpg

船虫の次は、蟹
DSCN3546a.jpg

13:20 毛屋まで来た
実家まであと少しだが
ちょっと寄り道

DSCN3548a.jpg

13:30 牧島橋竣功記念碑
DSCN3549a.jpg
裏側に昭和35年に東長崎町町費、三百余万円で架けられたと刻んである

主塔だけが残る牧島橋跡
DSCN3551a.jpg

主塔の下から隣の牧戸橋を見る
DSCN3552a.jpg
牧戸橋は昭和44年架橋だから
牧島橋は10年足らずでお役御免になったのか
撤去しないでそのまま残しとけばよかったのに・・・

普賢さんを見ながら帰る
DSCN3553a.jpg

戸石小の体育館横の道
DSCN3556a.jpg
この道ができる前は
右の斜面を校庭まで
駆け下りたこともある

13:50 実家に到着
長崎県ルート3Ra.jpg
歩行距離は22.2km

長崎県ルート3Rpa.jpg

着ていたものを洗濯機に入れて
そのまま風呂場に入り
湯船の残り湯で水浴び

湯上り?のかき氷を食べてる間に
洗濯が終わってたので
干して
そのまま昼寝
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

矢上普賢岳 [ウォーキング]

2016年8月14日、

昨日の夜、実家に帰ってきたばかりなので
17日に登ろうと予定していた普賢岳
DSCN3298a.jpg

弟が仕事に行ってしまったので
急きょ今日登ることにした

9時少し前に出発

お盆なのでまずはお墓へ向かう

こっちの道は、石段が草に覆われて
もう使われてないが
そのまま上っていく
DSCN3300a.jpg
DSCN3301a.jpg
DSCN3302a.jpg

幼いころはここの下りが怖くて
DSCN3303a.jpg
ほんの数mだけど
祖母ちゃんに
おんぶしてもらっていた

9:10 墓に着いたが
父の墓はどれだろう
祖父母とは一緒に入れないので
別の所にしたらしいが・・・
DSCN3304a.jpg

弟に電話したが
仕事中なのか留守電になっている
明日また来ることにして
墓を後にする

さていよいよ普賢岳へ
登山口までバスで行こうかと
時刻表検索したが
行ったばかり
当初の計画通り歩いていくことに

9:19 尾崎バス停付近
DSCN3305a.jpg

9:24 上戸石 ??橋
DSCN3306a.jpg
スクールゾーンの文字の辺りで
二人乗り自転車で転んで
前歯にヒビが入った

9:38 東公園入り口
DSCN3307a.jpg
公園になる前はごみ焼却場
谷間を切り開いて粗大ゴミとかの
集積場になっていた
当然、住宅地にはできないから
野球場やテニスコートになっている

9:44 ??峠
ここを右に行って侍石神社方向へ
ショートカットする予定だった
DSCN3308a.jpg

ちょうど弟から電話がかかってきて
仕事は午前中だけだから
夕方墓参りに行くことにした

せっかくなので登山口まで行くことにして
左に下る
ついでにコンビニに寄ることにした

やがみ斎場の隣にあったコンビニはなくなっている

9:56 登山口に到着
DSCN3309a.jpg

八郎川を渡ったところにコンビニ発見

10:06 矢上橋の上から
DSCN3310a.jpg

10:07 改めて登山口
DSCN3311a.jpg

車道を少し登っていくと
10:13 普賢神社の登り口
DSCN3312a.jpg

10:19 最初の鳥居(登山口も数えると二つ目)
DSCN3313a.jpg
DSCN3314a.jpg

10:23 車道に出たが、そのまま左の石段を登る
DSCN3315a.jpg

10:31 70mくらいでまた車道、
左の龍神堂へ寄り道
DSCN3316a.jpg

左に下るとこの先は法華院かな
DSCN3320a.jpg

観音様、右奥が龍神様かな
DSCN3321a.jpg

観音様の写真を撮って、元の道に戻ろうと
ふと気配を感じて振り返ると犬が
首輪が着いているので
飼い主がそばにいるのかと伺うが
誰もいない、法華院で飼われているのかな
DSCN3322a.jpg

10:40 登山道に戻り石段を登ると
さっきの犬が先に登っていく
山頂までガイドしてくれるのかな
DSCN3322ta.jpg

10:46 「大歳神⇒、
此れより500m」
DSCN3323a.jpg 
50mだったら寄り道したけど・・・

10:48 第1展望所・・・5分ほど休憩
DSCN3324a.jpg
休憩ている間、さっきの犬も
そばで伏せている
DSCN3325a.jpg

ふたたび、石段を登っていくと
11:05 左に普賢神社の鳥居
DSCN3327a.jpg

大石の間をくぐって入ると
神殿が・・・お参りして
横を見ると張り紙が
石仏は神殿のうらにお祀りしているとのこと
DSCN3328a.jpg

裏へまわって見ると
岩の上に祀ってある
DSCN3329a.jpg
土足禁止とあるので
上るのはやめておいた

11:10 普賢神社を出ると
犬の姿が見えなくなっていた
下へ降りて行ったのかな
飼い主の日課だろうか
ガイドしてくれるのは普賢神社までらしい

また登っていく

11:16 雷神様、見とれていると
足元から何か飛び出して
駆け去っていった・・・タヌキだ
DSCN3332a.jpg

11:22 山頂に到着
DSCN3335a.jpg
DSCN3336a.jpg

南東側は生繁っていて何も見えない
DSCN3341a.jpg
高校生の時、登った時は
実家や戸石小が見えたんだけど・・・

牧島はほぼ全体が見える
DSCN3337a.jpg

南側は、八郎川の河口と東望、
ペンギン水族館のある網場が見える
DSCN3338a.jpg
半島みたいなところは金毘羅岳、
奥にかすかに見えるのは戸町岳かな

IMG_0600a.jpg
周辺を散策したあと

木陰でコンビニで買った
おにぎりを食べて

11:48 行仙岳に向かう
DSCN3342a.jpg
北西側に林道が並行している
地デジの中継所を作った時にできたのかな
DSCN3343a.jpg
DSCN3344a.jpg

12:00 行仙岳山頂、
DSCN3345a.jpg
普賢岳より標高は高いが
眺望は全くない

そのまま進むと
鞍部に向かって急な下り
DSCN3346a.jpg

鞍部にはマムシ草がいっぱい
DSCN3348a.jpg

2つ目のピークから
尾根に沿って林道に下るのかと
思っていたら

12:15 1つ目と2つ目の中間くらいで
船石岳⇒の表示があるが
道がよくわからない
DSCN3350a.jpg
ピンクのリボンを頼りに
下りていくと
踏み跡は少ないが道がある

傾斜がきつくて
滑りそうになるが
素手なので怪しい木には
触らないように
杉の木につかまりながら
下りていく

そのまま北東にまっすぐ下りていくのか
と思っていると
だんだん東向きにカーブしていく

道らしくなってきたが
クモの巣がいっぱい
行く手ををふさいでいる
DSCN3351a.jpg

12:51 車道が見えてきたところに鳥居が
DSCN3352a.jpg
前に回り込もうとすると
鳥居の前が崩れて崖になっている

車道に出てさっきの鳥居を見上げる
DSCN3353a.jpg

南は上戸石方向
DSCN3355a.jpg

北は千束野方向
DSCN3354a.jpg

12:55 北へ約60m行くと
DSCN3357a.jpg
船石岳への登り口だけど
登らずに、その先の林道船石岳線を進む
DSCN3359a.jpg

13:24 林道の終点、立山橋
DSCN3361a.jpg

立山橋を渡って約80mで右折
DSCN3364a.jpg

13:31 しばらく行くとまた山道
DSCN3365a.jpg

登っていくと
13:38 松尾岳と船石岳の間の峠
DSCN3366a.jpg

ここからは下りのはず
だけど、前方へ道がない

木をかき分けて2,3m進むと
DSCN3367a.jpg

道らしき踏み跡があるので
下っていくが・・・

だんだん道がなくなり
沢みたいな感じになっている

左右を見ても通れそうな
ところはないので
GPSで何度も確かめながら
まっすぐ下りていく

足元ばかり見ていて
クモの巣が顔面に
何度もかかる

DSCN3368a.jpg

14:10 前方に舗装路が見えたと思ったら
最後、沢が滝みたいに
3mくらいの落差になっていて
横から回り込んで下りる

14:14 舗装路に出た
DSCN3369a.jpg

振り返るとこんな感じ
DSCN3370a.jpg

ここは上川内の一番奥
DSCN3371a.jpg

14:26 車道を下っていくと標示板が
DSCN3372a.jpg
原爆のラジオゾンデの落下地点との
説明が書かれている


もう少しで国道というところで
ハイドレの水がなくなる

下川内バス停の自販機で
コーラを買って飲む
ここから実家まで1km弱


15:03 戸石保育園の上の道の桜の木
DSCN3373a.jpg
よく蝉取りした

15:05 実家に到着
矢上普賢岳a.jpg

歩行距離は16.4km
矢上普賢岳02a.jpg

汗でぬれた服を
着替えて
着ていたものを洗濯機へ

弟が帰っていて
「墓参りは?」
まだ日が暑いので
17時過ぎに行くことに

それまで一休み・・・・

17時になって
モンベルのニッカは
干したばかりなのに
もう乾いていたので
それを穿いて父の墓へ
DSCN3374a.jpg

まだ暑い、・・・もう少し暮れてからでもよかった

こちらは
祖父母が眠っている先祖の墓
DSCN3375a.jpg

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
5285375.jpg