So-net無料ブログ作成
本・雑誌 ブログトップ
- | 次の10件

知恩院 [本・雑誌]

ヤマダ電機にDVDディスクと蛍光灯を買いに行った後、
惣菜を買いにヤオコーへ行った
買い物の前に同じ建物内のTSUTAYAを回ってたら

知恩院の文字が目に入った
小学館の週刊「古寺を巡る」の16巻だ

浄土宗の総本山で「ゆく年くる年」で必ず出てくるお寺だが
中学生の時、知恩院に泊まったことがある

母方の叔父から「京都に行ってみないか」と聞かれ
行きたいと答えたのがきっかけだった

普通の旅行かと思ってたら
叔父が浄土宗の僧侶だったので
おてつぎこども奉仕団の長崎県メンバーの一員としての京都行きだった

叔父が住んでいた大村からの参加で他に8人いた
しばらく集合場所で待っているとバスが来た
長崎市内が起点らしくすでに先客がいて
全部で30人くらいだった

バスで小倉まで行き
小倉から神戸までは阪九フェリー
神戸から京都までまたバスに乗った

奉仕団としては知恩院に2泊した
着いた初日に説明を聞いてる時、隣の子がしきりに話しかけてくるので
静かにしてようと言っていたら、ふざけてると思われたらしく
知恩院の担当の人に怒られて鴬張りの廊下に正座させられた

知恩院の中を見学して回ったのは覚えているが、奉仕団として何をしたのか
記憶していない

最終日に京都観光をしたあと
往きのコースを逆に辿って帰った
フェリーで前後2泊したのを含めて4泊5日の旅だった


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホワッツ マイケル [本・雑誌]

一週間ぐらい前だったか
台所で洗い物してるときに何気に振り返ったら

みくがふすまにつかまって後ろ足で立ったまま目を真ん丸くして
固まっていた。 (自分が振り返ったのに驚いたのか?)

その顔があまりにもおかしかったので思わず笑ってしまった。
笑いながらどっかで見たことあるような顔だなぁと思いつつ
そのときは思い出せなかった。

昨日の夜、前に立ち見した
『ニッポンの猫』という文庫判写真集の巻末に載ってるマンガの猫だ
と思い出した。

ニッポンの猫

ニッポンの猫

  • 作者: 岩合 光昭
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 文庫

今日本屋で確認したら小林まことさんのマンガ『What's Michael?』9巻め収録の1編「セッション?」ということが判明した
マイケルが天才動物写真家・岩合光明(いわごうみつ・あきら)のリクエストに応えて(乗せられて)いろんなポーズをとってしまうのがおかしくて笑ってしまう。

What’s Michael? (1)

What’s Michael? (1)

  • 作者: 小林 まこと
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1994/12
  • メディア: 文庫


What’s Michael? 9巻め (9)

What’s Michael? 9巻め (9)

  • 作者: 小林 まこと
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: コミック


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

猫はバナナの皮をむく [本・雑誌]

夕方買い物ついでに本屋に行ったら
今月の新刊コーナーに置いてあった。
シャム猫ココシリーズの最新版ミステリーらしい
こんなシリーズがあるなんて知らなかった
三毛猫ホームズもまだ十数冊しか読んでないのに
読みたいものがまた増えた。

猫はバナナの皮をむく

猫はバナナの皮をむく

  • 作者: リリアン J.ブラウン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の魔術 [本・雑誌]

夏の魔術

夏の魔術

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 文庫

田中芳樹の本を読むのはこれで3冊目、書店でタイトルに惹かれ棚から手にとってみるとカバーの絵がなんともいい、パラパラめくって”あとがきがわりの対話”のところを読んでみた。するとこの本はシリーズの1作目らしい・・・「窓辺には夜の歌」、「白い迷宮」、「春の魔術」と続くらしい・・・面白そうなのでとりあえず買ってきたが、なかなか読めずにいた。最近電車に乗る機会を得たのでやっと読むことができた。読み始めて、初めてこの本がファンタジック・ホラーだということに気がついた。実際にはありえないことだが、もしかしたらありえるかもと思えてしまう(解説には現実と幻想の融合とか書いてあった)内容だ。読み終えて改めてシリーズの第1作目ということを感じた。主人公の少年と少女が奇怪な体験をして何か不思議な力を得たらしい・・・・・・次が読みたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレパルf 創刊号 [本・雑誌]

2002年隔週刊「テレパル」から月刊に変わって
創刊されたのがこの「テレパルf」
1年半くらい毎号購読していたが
ネットの番組表で事足りるするようになり
たまにしか買わなくなった


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テレパル創刊号 [本・雑誌]

1982年の東版の創刊号
創刊号を買った後しばらくは購読しなかった
1987年ビデオデッキの購入をきっかけに定期購読するようになった
以来2002年月間誌「テレパルf」になるまでほぼ毎号購読している


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デジモノステーション創刊号 [本・雑誌]

正確には定期刊行化第1号
デジタルグッズの最新情報収集として
一時は毎号購読していたが内容があまり変わらないので
最近では読みたい記事があった時だけ購読するようにしている
巻末にビジョメガネというアイドルにめがねを着けさせた4ページのグラビアがある

ビジョメガネ

ビジョメガネ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2005/11/18
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MONOマガジン [本・雑誌]

ブログのタイトルの元になったのがこの1982年創刊のMONOマガジンという雑誌
創刊号を書店で見て面白そうと思ったが買わなかった
夏休みに実家へ車で帰る時フェリーに乗っている間の暇つぶしとして買ったのが写真の
創刊3号だった
以来時々購読している


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の10件 本・雑誌 ブログトップ
5285375.jpg